納期半減の生産清流化

業務と組織の変革で、しなやかな企業体質を創ります。

トップページ

アルビスについて

業務一流化

組織自律化

情報清流化

見積清流化

資料室

リンク

お問合わせ

清流化ツールNo40 「成長確認 四半期で」
 「生産清流化」は、製造企業における業務革新・組織革新のシナリオです。納期短縮を目標として事業環境の変化に対応できるスピードを獲得します。組織革新を進めるには個人のレベルアップが欠かせません。そのキーワードは「学ぶ化」です。ひとりひとりの行動作法を習慣化することで個人技を向上していきます。

■スキルを上げるステップ
 個人技を上げるには、まず「仕事に必要なスキルが何か」について本人と上司が共通の認識を持つことが出発点です。そのうえで次のようなステップを踏みながら上げていくことが必要です。

スキルを上げるステップ
ステップ実施事項
「仕事に必要なスキルが何か」について本人と上司が共通の認識を持つ
各スキル項目についてレベルを判定する
スキル向上のための計画を策定する
計画の実施状況とレベルアップ状況を把握して必要があれば計画を修正する

■スキル向上のための計画を策定する
 個人のスキルレベルを判定したら、次はスキルを上げる段階です。ひとりひとりに対してどのスキル項目を上げるのかを具体的に特定していくことが必要です。さらに上げる方策を決めて実行していくことも必要です。具体的には個人別のスキル向上計画を策定し、それに基づいて実行していきます。
 「計画など立てなくても仕事は毎日やっているから放っておいてもレベルは上がる」と思われるかもしれません。果たしてそうでしょうか。現実には放っておいたら間違ったやり方で固まってしまうかもしれません。また放っておいたら新しい仕事はやらないでしょう。プロスポーツ選手はシーズン中でも新しい技の練習や筋力トレーニングはやっています。仕事と練習は両方必要なのです。

■半年単位に計画する
 下図は個人目標記述するシートの例です。このシートは半年間の目標を記述し、それに対する実績も記入できるようになっています。

個人目標記述シート
年度所属氏名
   

分類 主要目標 達成手段と時期 中間評価
(3ヶ月)
本人
中間評価
(3ヶ月)
上司
期末評価
(6ヶ月)
本人
期末評価
(6ヶ月)
上司
業務
目標
      
業務
目標
      
能力
開発
      
能力
開発
      

■OJTやOff-JTで実行する
 個人目標記述シートに記述した業務目標と能力開発目標はOJTやOff-JTで実行していきます。例えば業務目標は日々のルーチンワークで実施するだけでなく、レベル向上のための改善活動や業務の標準化をOJTで進めていくことになります。また新たな知識が必要な場合には、日常業務や改善活動とは別に集合教育を受けるなどのOff-JTが必要です。
 能力開発目標について同様です。新たな知識を獲得するためのOff-JTが必要なことはもちろんですが、知識を実践できるようになるために日常業務で実施するOJTも必要です。

■3ヶ月単位で見直す
 個人目標は、立てっぱなしでは実行されないものが多くなります。最低四半期毎に本人と上司の面談を行い、途中までの実施状況と目標の見直しや実行のための対策を話し合います。
 対象の半期が終了したら、結果の達成度を本人と上司の双方が評価します。そして面談で評価結果と次の半期の課題を確認します。

<前のツール 

__清流化ツールの一覧__

 次のツール>

トップページ

アルビスについて

業務一流化

組織自律化

情報清流化

見積清流化

資料室

リンク

お問合わせ

Copyright(C) 2004-2017 ALBS All Rights Reserved.  アルビス 神奈川県相模原市中央区矢部1-23-18 代表:若槻直