納期半減の生産清流化

業務と組織の変革で、しなやかな企業体質を創ります。

トップページ

アルビスについて

業務一流化

組織自律化

情報清流化

見積清流化

資料室

リンク

お問合わせ

慢性的な納期の悩みに効く生産清流化
1.納期遅れは生活習慣病である
(4)納期遅れに特効薬はない

 慢性的な「納期病」は生活習慣病である。日常業務の様々なやり方に原因が潜んでいる。特定の病原菌が原因ではない。したがって特効薬は存在しない。薬を買ってきて飲めば治るというものではない。注射も効かない。だが「納期病に対する特効薬があるのではないか」という考えは根強くある。しかしこれは幻想である。だが生活習慣病である以上、特効薬は存在しない。

 ITへの期待も幻想である。「生産管理システムが特効薬ではないか」「生産管理システムを導入すれば良くなるはず」というのも幻でしかない。ITを利用しても「納期は変わらない」「あるいは悪くなった」という例は枚挙に暇がない。

 また自然治癒も望めない。感染症ならば、薬を飲まなくても体内の免疫力によって自然治癒することがある。ガンでも免疫力で治ることがある。しかし生活習慣病はその習慣をやめない限り自然治癒することはない。業務のやり方とその背景にある心を変えなければ納期病は治らない。納期遅れの根源は「仕事を先送りする心」である。この心を捨てること、そして業務のやり方を変えることが治療の道である。

 さらに多くの場合、現場の当事者は、納期遅れの原因を知っている。「このやり方は納期にとって悪い」と 知っていることが多い。だがその影響を軽視しているだけである。「暴飲暴食は体に悪い」と知っていながら「この位はいいだろう」と続けているのに似ている。業務のやり方が納期にどう影響しているかを知って、重要なものから地道に対策実施することが必要である。

納期遅れに特効薬はない
<前のページ      目次      次のページ>

トップページ

アルビスについて

業務一流化

組織自律化

情報清流化

見積清流化

資料室

リンク

お問合わせ

Copyright(C) 2004-2017 ALBS All Rights Reserved.  アルビス 神奈川県相模原市中央区矢部1-23-18 代表:若槻直