納期半減の生産清流化 English page
トップページ アルビスについて 業務一流化 組織自律化 情報清流化 見積清流化 資料室 リンク お問合わせ
今日の視点  (過去の記事
2022/6/25 マレリの破綻
 6月24日、自動車部品製造のマレリホールディングス(株)が民事再生法の適用を申請した。負債総額1兆1330億円は、新型コロナ関連の破綻で最大とされる。マレリは、旧カルソニックカンセイ(株)とイタリアの自動車部品製造のマニエッティ・マレリが経営統合した企業である。新型コロナウイルスによる自動車メーカの生産台数の落ち込みで経営不振となっていた。
 マレリの下請けは中小企業多い。影響が心配である。それにしても新型コロナによる落ち込みから自動車業界はいつ回復するのだろうか。見通しが立たない。2008年のリーマンショックのとき、自動車業界はいち早く下請け企業への発注を絞ったが、需要が回復したら速やかに発注を戻した。他業界に比べて企業間の在庫が少ないためだろう。ところが今回は需要減少ではなくて、供給減少の状況である。この状況では在庫の少なさがアダになっている。多種類の自動車部品がひとつでも欠品になると完成車が作れないからだ。
 在庫の代わりになるのは余力である。しかし在庫も余力も削り取って金を増やしていくと、危機のときに金があってもモノがないということがあり得る。自動車業界だけでなく金融資本主義全体の問題かもしれない。

生産清流化とは
工場管理コンサルタント
若槻直(わかつき なおし)
工場管理コンサルタント若槻直(わかつき なおし)
生産清流化 業務一流化 見える化で行動を変える
つなぐ化で業務を変える
組織自律化 学ぶ化で心を変える
分権化で組織を変える
生産清流化は、製造企業における業務変革・組織変革のシナリオです。
納期短縮を目標として事業環境の変化に適応できるしなやかな企業体質を創ります。
 実践主義  日常業務が変わるまで「誰が何をいつまでにやるか」「実行したか」を追求します。
 独自内容  内容は製造企業に対する30年以上の支援経験に基づいた独自のものです。
 見える化  時間・業務・組織という見えにくい対象を見える化しながら進めます。
生産清流化1988年からの進展     清流化ツール2022     生産清流化に基づく支援事例
生産清流化のメニュー
業務一流化2022
行動を変える 業務を変える: 納期半減を目指した重点主義プラス現場主義の改善を推進します。
組織自律化2022
心を変える 組織を変える: 納期だけでなく品質・利益を自律的に改善できる人材づくりを推進します。
情報清流化2022
情報を変える 手順を変える: 業務一流化と組織自律化の基礎となる情報の流れを改善します。
見積清流化2022
商談手順と見積基準を変える: 商談・見積・設計・作業指示の業務手順と見積基準を変革します。
資料室
今日の視点
先延ばし症候群 その原因と対策
慢性的な納期の悩みに効く生産清流化
経営・情報外来語ひとこと辞典
見聞録
これだけは押さえておきたい 産業用製品の営業活動
納期半減の清流生産推進法
製造企業のデリバリー管理とSCM
トップページ アルビスについて 業務一流化 組織自律化 情報清流化 見積清流化 資料室 リンク お問合わせ
Copyright(C) 2004-2022 ALBS All Rights Reserved.   アルビス 神奈川県相模原市中央区矢部1-23-18 代表:若槻直