納期半減の生産清流化

English page

トップページ

アルビスについて

業務一流化

組織自律化

情報清流化

見積清流化

資料室

リンク

お問合わせ

■今日の視点  (過去の記事
2020/7/4 新型コロナのリスク要素
 東京都での新型コロナ感染者が再び増加している。増加傾向になったのは5月25日の緊急事態制限解除、6月12日の東京アラート解除以降である。7月2日107名、7月3日124名と連日100名越となっている。これに対して国や都からの新たなアクションはない。西村経済再生担当相は「努力しないとまた同じことになる」と言うだけで具体的な努力は何も示していない。小池東京都知事も今までやっている対策を説明するだけである。
 もっと現場のできごとを虚心にみる必要があるだろう。感染経路不明者も増えているが、クラスターも相変わらず発生している。今までクラスターが発生した事例を見れば対策の重点は見えてくるだろう。以下のような「あるなしクイズ」ができそうだ。
  ある:病院 クルーズ船 屋形船 バスツアー キャバクラ ホストクラブ
  なし:学校 飛行機 電車 パチンコ店 湘南海岸 サーファー
  ある:カラオケ ライブハウス トレーニングジム 職場
  なし:食品スーパー ドラッグストア 映画館
 東京オリンピック、都知事選、補償金などの政治要素が為政者の見る目を曇らせ、判断する脳を攪乱しているのではないか。為政者の能力が新型コロナにおいて最大のリスク要素かもしれない。行政一任は危険である。議会、専門家、メディア、大衆が多角的にチェックする必要がある。

■生産清流化とは

工場管理コンサルタント
若槻直(わかつき なおし)
工場管理コンサルタント若槻直(わかつき なおし)

生産清流化 業務一流化 見える化で行動を変える
つなぐ化で業務を変える
組織自律化 学ぶ化で心を変える
分権化で組織を変える
生産清流化は、製造企業における業務変革・組織変革のシナリオです。
納期短縮を目標として事業環境の変化に適応できるしなやかな企業体質を創ります。
 実践主義  日常業務が変わるまで「誰が何をいつまでにやるか」「実行したか」をとことん追求します。
 独自内容  内容は製造企業に対する30年以上の支援経験に基づいた独自のものです。
 見える化  時間・業務・組織という見えにくい対象を見える化しながら進めます。

生産清流化1988年からの進展

    清流化ツール2020    

生産清流化に基づく支援事例

■生産清流化のメニュー

業務一流化2020

行動を変える 業務を変える: 納期半減を目指した重点主義プラス現場主義の改善を推進します。

組織自律化2020

心を変える 組織を変える: 納期だけでなく品質・利益を自律的に改善できる人材づくりを推進します。

情報清流化2020

情報を変える 手順を変える: 業務一流化と組織自律化の基礎となる情報の流れを改善します。

見積清流化2020

商談手順と見積基準を変える: 商談・見積・設計・作業指示の業務手順と見積基準を変革します。
■資料室
今日の視点
先延ばし症候群 その原因と対策
慢性的な納期の悩みに効く生産清流化
経営・情報外来語ひとこと辞典
見聞録
これだけは押さえておきたい 産業用製品の営業活動
納期半減の清流生産推進法
ビジネススキルは文書で磨け
製造企業のデリバリー管理とSCM

トップページ

アルビスについて

業務一流化

組織自律化

情報清流化

見積清流化

資料室

リンク

お問合わせ

Copyright(C) 2004-2020 ALBS All Rights Reserved.   アルビス 神奈川県相模原市中央区矢部1-23-18 代表:若槻直